ディスクボルト|φ10-M8x28【4本セット】

ディスクボルト|φ10-M8x28【4本セット】
ディスクボルト|φ10-M8x28【4本セット】

適合

・ZX-14R ’20-21
・ZRX1200 DAEG ’09-16
・ZX-10R ’16-20
・Ninja 1000SX ’20-21
・Z H2 ’20-21
・Z900RS ’18-21
・ZX-25R ’20-21

キット内容

ボルトサイズ 数量
ディスクボルトφ10-M8x28 4

モトロックマンのチタンボルトはファクトリーチームの \イイとこどり/
各チームのボルトを検証し尽くして出来た、それがモトロックマン製です。
モトロックマンのチタンボルトは
バイクのエンジニアが設計し、ネジ屋さんが製造したボルトです。

¥4,906¥5,346 税込

数量

SKU:TI-204-1

カテゴリー:

タグ:, , , , , , , ,

モトロックマンのチタンボルトができるまで

鍛造 (FORGING)

ボルト形状に沿ったファイバーフローを成形することで、材料本来の性質よりもさらに高い強度と粘性をもたせることが出来ます。

圧縮成形により金属繊維 (メタルファイバー) は製品に沿った流れとなります。
これを鍛流線 (ファイバーフロー) と言います。
オール切削の場合、金属繊維は分断されますが、鍛造品のファイバーフローは途切れることないため、衝撃へ耐久性も向上します。
また繊維の密度も高くなるため強度が増し、粘り強くなります。

切削 (MACHINING)

鍛造後の切削は追加工量を大幅に削減。材料のロスも非常に少なくすることができます。

鍛造によりほぼ製品状態とななっているため切削量は非常に少なくなります。
材料の歩留まり率はオール切削が50%程度、鍛造切削は90%以上、
オール切削と比べ、切削にかかる時間は1/3以下となります。
また材料も小さくでき、材料費・加工費の減少となります。

転造 (ROLLING)

塑性変形によりネジ山に沿ったファイバーフローを形成。仕上がりは精密でなめらかなものとなります。

切削ネジとは違い、ファイバーフローは切断されることなくネジ山に沿って連続します。
塑性変形の加工硬化もあり、切削ネジの1.2~2倍の強度となります。
面粗度も良好で、カジリにくいなめらかな仕上がりとなります。
加工時間も早く、材料ロスもないため生産性に優れた加工です。

マゼンタ, マッドブラック, 無地